チャペルアワーコンサート チャペルアワーコンサート

 
第2部 立教新座高等学校 JAZZ研究会によるミニコンサート

日 時:2016年6月4日(土)15:15〜16:00
場 所:立教学院聖パウロ礼拝堂(立教新座チャペル)
 

 
挨 拶:ジャズ研究会顧問 田中利恵先生
今日はジャズ研究会の顧問としてお話をさせていただければと思います。先ほど幾つかの運動部が説明をしてくれましたが、ここに上がってこない部活に関しましても、日々すごく頑張っております。お時間がありましたら、学校内を見ていただいて、活躍、活動の一端を見ていただければと思います。
特に文化部は大きな大会もありませんので、活躍の様子を見せることができないのですが、このような機会をいただきまして、ジャズ研究会の活動をお見せすることができてとてもありがたく思っております。
立教新座のジャズ研究会はコンボという少人数編成のスタイルです。ビッグバンドは結構あるのですがこのジャズをやる部活は本当に少なくて、珍しい編成です。
立教新座においては30年の歴史を持つ、古くからの部活ですので、その伝統の中に彼らもいるということです。
どのメンバーでどの曲をどのようにやるかというのは全てここにいる生徒の姿勢に任されておりますので、その年その年のカラーがでます。
何回か聞いてくださっている方は、今年はこういうカラーなのだなと踏まえて見ていただけますと楽しいかと思います。ここからは生徒にマイクを委ねたいと思います。

こんにちは。ジャズ研究会です。本日はこのような時間をいただき、有難うございます。私たちにとって、初めてのチャペルの演奏であって、ましてや保護者の皆さんの前で演奏させていただくということもなかなかないので、多分みんな緊張していると思います。精一杯頑張りますので、ぜひ、聞いてください。

曲名: Satin doll

ジャズはほとんどがアドリブでできていまして、人の性格が出るというか、その人だけのソロが出来あがるところが面白いところです。
みなさんから、拍手をいただけるとソリストはとても嬉しいです。

曲名: It could happen

ジャズ研究会は二年生4人、三年生2人しかいなかったのですが、今年は一年生がたくさん入ってくれて、部として継続していける事になりました。とても嬉しいです。

曲名: Night and day

次は私たち5人で作ったオリジナル曲です。
私たちの顧問の田中教頭が歩く靴音をモチーフに作った曲です。

曲名: Pamps

これで、ジャズ研究会のミニコンサートを終了させていただきます。
今後ともご支援をよろしくお願い致します。


第1部 礼拝については 「チャペルアワー」のページをご覧ください。